入れ歯のご相談は奈良の歯医者「まさき歯科医院」へ

〒630-8133 奈良県奈良市大安寺3-9-11 駐車場4台完備

診療時間
9:00~12:30 × ×
14:00~19:00 × ×

△:13:30~16:00

ご予約・お問合せはこちら

0742-61-1000

当院の入れ歯治療の特徴

当院では自費でお作りする、「噛める」「違和感の少ない」「自然な見た目」の入れ歯をご提供しております。歯科技工士の資格も保有する院長が、信頼のおける歯科技工所と提携し、患者さま一人ひとりのご希望を叶える、入れ歯治療に取り組んでいます。

今お使いの入れ歯が合わなくて困っているという患者さまも、ぜひ一度当院にご相談ください。

入れ歯治療で30年
歯科医師と技工士の2つの資格を保有

入れ歯を新しく作ったけれど、「痛い」「外れる」「しゃべりにくい」「目立って恥ずかしい」といったお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?

入れ歯でも「何でも食べられるようになりたい!」「口元を隠さないで思い切り笑いたい!」「ちょっとやそっとじゃ外れないようにしたい!」という患者さまのご希望をかなえられるよう、当院ではこだわりの入れ歯治療を行っています。

歯科技工士、歯科医師としての入れ歯治療のこだわり 

入れ歯をお作りする前に、検査やお口の型取りを行うのは歯科医師です。しかし、実際に入れ歯を作製するのは歯科技工士の仕事です。そのため、たとえ歯科医師が完璧な検査と型取りを行ったとしても、それを作製する歯科技工士の技術が足りないと、患者さまにご納得いただける入れ歯をお作りすることはできません。

当院の院長は、歯科技工士の国家資格も所持しており、30年以上(※)歯科医療の現場で入れ歯治療に携わってまいりました。国内・海外問わず、学会やセミナーなどに積極的に出席し、より良い入れ歯を作るための知識・情報の収集を欠かしません。

歯科技工士と歯科医師の双方の視点、そして長年治療に携わってきた経験を活かし、患者さまにご満足いただける「噛める入れ歯」にこだわった治療を行っています。

(※2018年現在)

「噛める」ためのリハビリ用入れ歯(治療義歯)

せっかく総入れ歯を作ったものの、「合わなくて痛い」「違和感が強い」「外れやすい」といったお悩みをお持ちの患者さまも少なくありません。その原因の多くは、いきなり本番の入れ歯(本義歯)を入れてしまうことにあります。

人間の口は、話したり食べたりといった複雑な動きが要求される器官です。単に型を採ってその型の通りに入れ歯を作るだけでは、こういった「動き」に対応することは困難です。当院では患者さまのお口の中の状態や筋肉の動き、骨の細部の状態までしっかりと診断し、本番の入れ歯(本義歯)を作る前にまずリハビリ用の入れ歯(治療義歯)を作ります。

長い間、合わない入れ歯を使っていたり、歯を失ったまま放置していると、噛み合せの位置・顎間接・お口の周りの筋肉、そして舌の位置などが大きく狂ってしまいます。このリハビリ義歯をお使いいただく段階で、「合わない」「痛い」「噛みづらい」「ズレやすい」といった箇所の調整を重ね、正しい噛み合わせへと矯正していきます。最終的に患者さまが満足のいくレベルに仕上がったら、リハビリ義歯とまったく同じ形状の本義歯を、本番の材料を使って作り直して完成となります。

噛み合わせの調整には時間も手間もかかりますが、この過程をきちんと行うことで、保険の入れ歯とは桁違いの精度を持つ入れ歯を作ることができるのです。残念ながらこのような方法を採用している歯科医院は数少ないのが現状ですが、本当に良い入れ歯を作るための重要なプロセスとして、当院では欠かさず行っています。

自然で美しい口元を追求した入れ歯

入れ歯をご利用の方の中には、「入れ歯をつけているのを周囲の人に知られたくない」と思っている患者さまもいらっしゃるのではないでしょうか。

当院ではそんな患者さまのご要望を叶えるために、見た目にもこだわった入れ歯をご提供しています。

入れ歯の見た目にもっとも大きく影響するのは、入れ歯の素材です。

たとえば前歯の場合には、歯に近い透明感をもつセラミックという素材を使うと、自然な歯に近い色味を再現することが可能です。硬さや強度、耐久性、価格なども素材によってそれぞれ異なります。患者さまの噛み合わせの強さや噛み癖、歯の色なども考慮して、より自然で美しい見た目を再現できるよう、患者さまと一緒に入れ歯の素材をお選びします。自然な歯並びに見えるよう、正面から、横から、斜めからとチェックを重ね、最終的に仕上げていきます。

自費でお作りする入れ歯だからこそ、このように豊富な素材の中から、厳選することができるのです。

当院のこだわりの入れ歯治療で、若々しく美しい口元を手に入れてみませんか。

歯科技工の技術を持つからこそできる
こだわりの入れ歯治療

当院では歯科医師であり歯科技工士でもある院長が入れ歯治療を担当していますので、双方の視点から、精度の高い入れ歯治療を行っています。

「噛める」ことにこだわった入れ歯を作るためには、それを作るだけの技術力を持った歯科技工士の存在が不可欠であり、そして、歯科医師と歯科技工士の連携による作業が必須です。

患者さまのお口の情報を、より正確に歯科技工士に依頼するには、歯科医師の側にもそれだけの知識と技量が要求されます。当院の院長は歯科技工士としての知識と経験も豊富なため、歯科技工士が作る過程をしっかり把握して入れ歯の設計を行うことができます。

確かな技術をもつ歯科技工士に依頼しています

院長は、歯科技工士としての観点からも技術力を持つ歯科技工士を見極め、密な連携をとって治療にあたっています。

当院が提携している歯科技工士は、リハビリ用の入れ歯を開発した業界では有名な歯科技工士の一番弟子で、長年、入れ歯を専門に担当しているベテランの技工士です。このような技工士を有する歯科技工所で作られた入れ歯は、やはり仕上がりそのものが明らかに違い、治療後の患者さまのご満足度も違います。

院長にとって「入れ歯作りはライフワーク」であり、歯科治療の中でもとくに力を注いでいる分野です。当院の入れ歯をお使いの患者さまには既にご実感いただけていることと思いますが、本当に「良い入れ歯」とはどんなものかということを、ぜひ多くの方に感じていただけたら幸いです。

入れ歯治療をご検討中の方へ

当院で扱っている入れ歯治療について、その種類から特徴や料金など、わかりやすくご説明します。

当院の総入れ歯は、なぜ噛めるのか?リハビリ用の入れ歯を使用した、こだわりの作り方をご紹介します。

金属の留め具を使用しない入れ歯など、見た目にも目立たず、残っている歯への負担も少ない部分入れ歯をご紹介します。

「保険と自費の入れ歯は何が違うの?」「自費は材料の値段が高いだけでは?」といった患者さまの疑問にお答えします。

当院の入れ歯治療の主な流れについてご案内します。お口の状態や治療方法によって、変わってくる場合もありますのでご了承ください。

患者さまから寄せられる、よくある質問にお答えします。こちらに掲載のない疑問点なども、どうぞご遠慮なく当院までお問い合わせください。

入れ歯のお悩みは、奈良の歯医者「まさき歯科医院」までお気軽にご相談ください。

0742-61-1000

診療時間

 
午前 × ×
午後 × ×

午前:9:00~12:30
午後:14:00~19:00
△:土曜日は13:30~16:00
休診日:木曜・日曜・祝日

0742-61-1000

〒630-8133
奈良県奈良市大安寺3-9-11
駐車場4台完備