入れ歯のご相談は奈良の歯医者「まさき歯科医院」へ

〒630-8133 奈良県奈良市大安寺3-9-11 駐車場4台完備

診療時間
9:00~12:30 × ×
14:00~19:00 × ×

△:13:30~16:00

ご予約・お問合せはこちら

0742-61-1000

よくあるご質問

ここでは入れ歯治療に関するよくあるご質問をご紹介します。どうぞ参考にしてください。

年齢が若いのですが、入れ歯治療はできますか?

当院には30代くらいの若い患者さまも、入れ歯の治療に来院されています。使い心地はもちろん。お口にはめたときの見た目なども、患者さま一人ひとりのご要望を伺いながらお作りしますので、安心してご来院ください。

入れ歯が壊れてしまった場合、修理はしてもらえますか?

入れ歯が壊れたとき、もう一度作り直さなければいけないのかという質問をよくいただきます。結論を言えば、よほどひどい破損でない限りは、修理をすることは可能です。

当院の入れ歯は保険で作る入れ歯よりも強度はありますが、人工歯が取れてしまった、針金が折れたなどという破損はあり得ます。

このようなケースでは、数万円程度(おおよそ3万~6万円程度)で修理を承っています。

入れ歯の作製にはどのくらいの時間がかかりますか?

入れ歯の種類やお口の中の状態によっても変わってきますが、通常は当院の場合、おおよそ1~3ヶ月ほどで完成します。オーダーメイドの入れ歯ですと、検査や診断、噛み合わせの調整に時間をかけるため、やはりご来院いただく回数は多くなります。完成するまでの間は、現在お使いの入れ歯を修理したり、新たに仮の入れ歯をお作りしたりすることも可能です。

遠方からお越しの方や、事情があってお急ぎの患者さまの場合には、スケジュールを調整して短期でお作りすることも可能です。お気軽にご相談ください(お急ぎの場合、割増料金が発生することがありますので、あらかじめご了承ください)。

自費の入れ歯と保険の入れ歯は何が違うのですか?

保険で作る入れ歯は、最初から治療費が決まっています。しかし、保険適用の範囲で決められた材料を使わなくてはならないため、歯科医師がいくら勉強・研究を重ねてよい材料や方法を使いたくても、自由に入れ歯を作ることはできません。

一方で自費の入れ歯は、ご希望や入れ歯の種類に合わせて自由に材料を選ぶことができ、医学的にもよりこだわった方法で製作することが可能です。

当院では院長が入れ歯についての勉強会や学会、セミナーなどに積極的に参加して、常に最新・最善の材料を研究しています。

インプラントにするか入れ歯にするか迷っています。両方のメリット・デメリットを教えてください。

ここ数年で、インプラントは広く知られるようになり、失った歯の機能を取り戻すための治療方法として選択される患者さまも急速に増えてきました。しかしインプラント治療には外科手術が必要であり、身体に大きな負担をかけることになってしまいます。また万一失敗した場合でもやりなおすことは難しく、10年後にお口がどんな状態になっているかわからないという不安もあります。

しかし、入れ歯の技術も近年は目覚ましい進歩を遂げています。噛み合わせをきちんと調整し、お口の中にきちんとフィットする入れ歯を作ることができれば、外れる心配なく食事を楽しんだり、人目を気にせずに口を開けて笑ったりすることができるようになります。

当院では患者さま一人ひとりのライフスタイルやご要望を伺ったうえで、最適な入れ歯をご提案いたします。まずは一度ご相談ください。

※インプラントと入れ歯の比較ページもご覧ください。

遠方から通うことはできますか?

当院は奈良市大安寺にあり、奈良県はもちろん、大阪府、京都府、兵庫県から通っておられる患者さまもいらっしゃいます。

ですがやはり、遠方からの通院は患者さまのご負担も大きくなります。必要な通院回数など、大まかなところを最初にご案内することもできますので、まずは一度お気軽にお問い合わせください。

入れ歯はどのくらいの期間使えるものなのでしょうか?

お作りになった入れ歯の素材や、メインテナンスの状況によって、耐用年数は変わってきます。20年同じ入れ歯を使い続ける方もいれば、5年で新しくする方も。

個人差があり、一概に何年もつとはいえないため、耐用年数は設定されておりません。しかし、強度のある素材などを使用すれば、より長持ちする入れ歯を作ることができます。

入れ歯をしていることを周囲に知られないようにできますか?

天然の歯に色味が近いセラミックなどの素材を用いることで、一見しただけでは入れ歯とわかりにくいものをお作りすることが可能です。また患者さま一人ひとりの顔の形に合わせて、自然に見えるような歯並びも調整できます。お口にきちんと合う入れ歯なら、簡単に外れることもありません。

当院では、使い心地も見た目もこだわった入れ歯治療を行っております。お仕事やお食事の場面など、日常生活においてはほとんどわからないような入れ歯をお作りすることも可能です。

夜、寝る時には外さないといけませんか?

人間は寝ている間も「噛む」という行為を行いますので、とくに部分入れ歯の場合は、これを外してしまうと残っている歯に逆に負担をかけてしまうこともあります。

当院では飲み込んでしまう恐れのある場合を除き、夜寝る時も入れ歯を装着することをお勧めしています。もちろん、定期的にきちんとメインテナンスをしていることが条件ですが、当院で作った自費の入れ歯は、寝る時にも外す必要はありません。

入れ歯治療をご検討中の方へ

当院で扱っている入れ歯治療について、その種類から特徴や料金など、わかりやすくご説明します。

当院の総入れ歯は、なぜ噛めるのか?リハビリ用の入れ歯を使用した、こだわりの作り方をご紹介します。

金属の留め具を使用しない入れ歯など、見た目にも目立たず、残っている歯への負担も少ない部分入れ歯をご紹介します。

「保険と自費の入れ歯は何が違うの?」「自費は材料の値段が高いだけでは?」といった患者さまの疑問にお答えします。

当院の入れ歯治療の主な流れについてご案内します。お口の状態や治療方法によって、変わってくる場合もありますのでご了承ください。

患者さまから寄せられる、よくある質問にお答えします。こちらに掲載のない疑問点なども、どうぞご遠慮なく当院までお問い合わせください。

入れ歯のお悩みは、奈良の歯医者「まさき歯科医院」までお気軽にご相談ください。

0742-61-1000

診療時間

 
午前 × ×
午後 × ×

午前:9:00~12:30
午後:14:00~19:00
△:土曜日は13:30~16:00
休診日:木曜・日曜・祝日

0742-61-1000

〒630-8133
奈良県奈良市大安寺3-9-11
駐車場4台完備